「レナードの朝」という映画を見たことがありますか?

僕にとってこの映画は、「人生で見るべき映画を5本教えて」と聞かれたら、その1本に入る映画です。

僕は、人生でとても大切な事をこの映画から学んだような気がします。それは「今、この瞬間が奇跡なんだ、かけがえの無い瞬間なんだ」という事。

「レナードの朝」ってどんな映画?

公開 1990年12月22日
日本公開 1991年4月5日

監督はベニー・マーシャルさん。女性です。この「レナードの朝」以外にも、有名な作品を監督されています。トム・ハンクス主演の「ビッグ」。デンゼル・ワシントン、ホイットニー・ヒューストン主演の「天使の贈りもの」も彼女の監督作品です。残念ながら、2018年に他界されました。彼女の優しさや穏やかな空気がスクリーンから溢れるような、そんな映画を撮る監督でした。

そして、お兄さんはなんとあの「プリティ・ウーマン」の監督ゲイリー・マーシャル!すごい兄妹ですね。

さて、「レナードの朝」ですが、これはオリヴァー・サックス著書の医療ノンフィクションを映画にした作品です。オリヴァー・サックス医師はイギリスの神経外科医ですが、実際に自分の扱った症例を記した書物を、多く残されています。

「レナードの朝」は、その中の一つを映画化した作品です。

主演は、セイヤー医師にロビン・ウィリアムズ。パーキンソン病患者レナードにロバート・デニーロ、という超贅沢なキャストです。

では、物語の概要です。

舞台はブロンクスのベイブリッジ病院。そこに、研究員希望ですが医師が足りないので臨床医として採用されたセイヤー医師(ロビン・ウィリアムズ)が赴任してきます。ベイブリッジ病院は、パーキンソン病等の重度慢性障害疾患を主に扱っていました。そこにレナード(ロバート・デニーロ)もいました。レナードは少年時代に発症し、30年間眠り続けています。セイヤー医師は入院している患者20名に、新薬である「L-ドーパ」を投与する事を思いつきます。上司は効果が期待できないので難色を示しますが、なんとか説得し、新薬の投与を行います。すると奇跡が起こり、レナードが目を覚まします。

続きは本編をご覧ください。

「レナードの朝」の見どころ!ちょっと”ネタバレ”あり


「レナードの朝」の見どころですね。
それはなんといっても、ロバート・デニーロの演技です!圧巻!

ロバート・デニーロ演じるレナードは、目が覚めたら30年分歳をとっていたわけですが、その笑顔!!おっさんなのに少年の笑顔なんです。また、病気の演技が素晴らしくて演技と知らなければ、本当に痙攣が起こっていると錯覚してしまうほどです。とんでもない役者さんですね。

そして、ロビン・ウィリアムズの優しさ溢れる演技!!
僕はロビン・ウィリアムズが大好きなんですが、その中でも、ロビン・ウィリアムズが表現したセイヤー医師が一番好きです。ちょっと小心者のセイヤー医師は、人嫌いでは無いのですが、人との距離を縮める勇気がなく、人との関わりを避けるように生きています。

例えば、いまだ結婚せず独身。時間があれば植物園に行って読書。1人穏やかな時間を過ごす事を好み、冷蔵庫の中には研究材料の植物が入っており、食べ物はテイクアウトのファストフード。荷物が届いたらそれは本で、楽しみにしてた図鑑。看護師にお茶を誘われても、断ってしまう程の小心者です。

でも、人が嫌いなわけでは無くて、本当は上手に楽しく付き合いたいと願っています。人とかかわる事で得られる「喜び」も「楽しみ」も、十分すぎるほどに理解しています。しかし、何らかの事情で人と深くかかわる事を避けてしまいます。それはきっと、喜びや楽しみと同等に存在する「誤解」や「失望」と、もしかしたらその先に待ち受けている「別れ」を避けているのかもしれません。

一番の見どころは、そんなレナードとセイヤー医師との関わりです。
人と一定の距離を保つセイヤー医師に対し、患者であるレナードは無意識に強引に距離を縮めます。

まさに、関わる事で得られる「喜び」や「楽しみ」、「誤解」や「失望」、さらには「別れ」までも引き連れて、レナードはセイヤー医師に関わります。いや、レナードが起こす行動は、人生の「喜び」や「楽しみ」だけにフォーカスされており、「誤解」や「失望」や「別れ」なんて考えていません。それはレイヤー医師に対してだけでなく、レナードに関わる全ての人に対して行われます。

そんなレナードとの関わりの中で、セイヤー医師は無意識にレナードのそんな「勇気」を憧れの想いで観ていたのだと思います。なので、セイヤー医師の変化に、思わず涙が出てしまいます。最後にセイヤー医師が勇気を振り絞って、看護師をお茶に誘うんです。

レナードの生き方に、生きる意味や人生の楽しみ方について、影響されたんだと思います。自分の気持ちに正直に、彼女をお茶に誘わなければ、レナードに顔向けできないとでも思ったのでしょう。

ちなみに、若かりし僕も影響を受けた1人です笑。「やらずに諦める」「勝手に限界を決める」「行動しない」。レナードなら絶対に諦めたりしません。限界を決めず行動します。我々は五体満足で、事故が無ければ明日死ぬこともありません。可能性に満ち満ちています。行動すべきです。

ネタバレになり申し訳ないですが、レナードは病気が再発してマヒ症状が出ている状態で、”大好きな人と”正装して病院の食堂で食事をします。きっとデートのつもりなのでしょう。彼女もシックな装いでネックレスを付けた正装です。しかし、レナードはマヒが出た体で静かに座っている事すら出来ません。僕ならきっと会いたくないと思うでしょう。自分の無様な姿を見られるくらいなら、合わない方がマシだからです。しかも病院の食堂なので、みんな見ています。

でもレナードは会いました。そしてちゃんと「お別れ」を言います。

それは、きっと自分の為ではないのです。ちゃんと自分の口から状況を説明し、今後の事について語る事が、好きな人に出来る唯一の事だと考えたからではないでしょうか?その為には、病院から出られないので、誘えるのはみんなが見ている病院の食堂だけ。デートだから正装する。髪の毛をセットもする。レナードにとっては自然な事なんです。この、全てをさらけ出して生きる、レナードの姿に心の底から感動しました。

マヒが出て引きつりながら歩いても、じっと座っていられなくても、まともに喋れなくても、病人のくせに正装していても、病院の食堂でデートをしても、僕はみっともないとは思いませんでした。むしろ、その強さ、その姿勢に感動しました

大切なのは、「人からどう見られるか?」ではなくて、「自分がどうしたいのか?」。そしてそれが、恥ずかしくない行いであれば、堂々と行えば良い。

レナードはデートの後、全身にマヒが出ている状態で何とか窓際までたどり着き、彼女が病院から歩いて帰るのを、なんとも言えない悲しい表情で見えなくなるまで見送ります。ほんとに大好きだったんですね。
スポンサーサイト

31日間無料トライアル実施中!

「レナードの朝」のみんなの感想

なんと、こんな古い映画を見てくれている人が、こんなにいるんですね!!
いくつか引用させていただきます。

プレミアムネムネムの感想・評価

4.5点
実話なのか…。一時期こういう病気の方たちと接する仕事をしていたからか、その時のことを思い出した。すごく切ないし悲しい。新しい薬を試す人と医師を知れた、薬ばかり飲んでる身なので感謝しかない。苦しんでいる人たちのために副作用に苦しむ自分を記録しろと強い意志を持てたレナード、すげえよ。食堂のダンスのシーンで不覚にも涙。ポスターにもなっているシーンのデニーロ可愛すぎる。レナードの朝、目覚めたのは夜だけどどういうこと?と思ったけど、そのあと意味を知れる良い邦題。
引用:Filmarcs(フィルマークス) https://filmarks.com/movies/15035

Tの感想・評価
3.6点
ロバートデニーロとロビンウィリアムズの演技が異次元。
食堂でのダンスシーンの切なさに胸が締め付けられた。
名優の共演が光った名作。
引用:Filmarcs(フィルマークス) https://filmarks.com/movies/15035

asadaayoの感想・評価
2020/10/23 10:02 4.7点
医療現場の光と影が繊細に描かれてて台詞一つ一つに重みがあり、感情が端っこから端っこまで動かされた。食堂でのダンスシーン響きました。
引用:Filmarcs(フィルマークス) https://filmarks.com/movies/15035

ソラの感想・評価
2020/10/21 12:51 4.5点
大切なのは他の誰でもない。自分がどうしたいかだ。周りが諦めても自分が諦めなければそれで良いじゃないか。結果を残せば後から人は付いてくるから。2人のおっさんのニヤケ顔が最高。デニーロの演技に関しては特に記述しなくても良いかなと。相変わらず、天晴れです。「learn!! learn!! learn!!」のシーンは脳に刻み込まれたな。あとは、食堂のダンスシーン。女性のとっても勇気ある行動だと思いました。
引用:Filmarcs(フィルマークス) https://filmarks.com/movies/15035

suzudayoの感想・評価
4.1点
わたしの語彙力じゃ何も言えない。20年後とかにまた見たい。デニーロって本当に凄いなぁ..開始数分の、入院したばっかりのおばあさんのメガネをネクタイで拭いてあげるところからもう泣いてた
引用:Filmarcs(フィルマークス) https://filmarks.com/movies/15035

宇垣美里の感想・評価
4.8点
名作。泣いた。俳優陣の演技力、表現力がすごかったし、音楽も良くて、切ないけど心洗われる映画だった。ロバートデニーロすごすぎ。普通に歩いたり、愛したり、生活することはとても素晴らしいことだと忘れずにいたいし、そう思える純粋な人間の心とか魂を大事にしていきたいと思った。
引用:Filmarcs(フィルマークス) https://filmarks.com/movies/15035

「レナードの朝」を見れる動画配信サービスは?

※配信情報は2020年12月時点のものです。最新の配信状況は各サイトでご確認下さい。

レナードの朝を見る事が出来る「動画配信サービス」を確認したところ、「U-NEXT」と「TSUTAYA/動画見放題&宅配レンタル8」だけでした。※Hulu、Netflix、Amazonプライムビデオ、dTV、では未配信。

「U-NEXT」と「TSUTAYA/動画見放題&宅配レンタル8」との違いは、「U-NEXT」は完全な動画配信サービスなのに対し、「TSUTAYA/動画見放題&宅配レンタル8」は”動画配信サービス+DVD宅配レンタル”のセットサービスだという事です。

どちらも約一か月のお試し期間が用意されています。よければどうぞ。

  • 今すぐ見たい人は「U-NEXT」
  • 宅配でも良いけど他の名作映画も堪能したい人「TSUTAYA/動画見放題&宅配レンタル8」

スポンサーサイト

31日間無料トライアル実施中!

スポンサーサイト
入会日から30日間無料でお試し!